Kentai BLOG

大豆プロテイン

320-K1300.jpg

筋肉などカラダの組織は約20種類のアミノ酸で構成されています。
これらのうち、体内で合成できない9種類を必須アミノ酸と呼びます。
必須アミノ酸は、食事からバランスよく摂取することが大切です。
ソイプロテインの原料の大豆由来のたんぱく質は、必須アミノ酸をバランスよく含む、栄養価の高い
プロテインです。
過去に、大豆たんぱくは牛乳や卵のたんぱく質よりも栄養価が低く見られていました。
しかし、近年改善された栄養評価法の「たんぱく質消化吸収率補正アミノ酸スコア(PDCAAS)では、
大豆たんぱくは必須アミノ酸をバランスよく含み、牛乳や卵のたんぱく質と同様の高スコアのたん
ぱく質であることが分かっています。

【おすすめ】  メガバリュー100% ソイプロテイン

プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプ

ptp.jpg

プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプは、アミノ酸スコア100の大豆たんぱく質をベースに
ビタミン11種を配合した 栄養補助食品です。
大豆たんぱく質には、人間の体内で合成できない必須アミノ酸がすべて含まれており、カラダづくり
に必要な栄養素をしっかり補給できます。
タブレットタイプなので、運動の前後、学校や職場の休憩時間などシーンを選ばず手軽にご利用いた
だけます。
筋力トレーニングでのカラダづくりに励む方、日々の健康管理を考える方々におすすめです。

【おすすめ】 プロテインスーパータブ プロフェッショナルタイプ

プロテインダイエットバー

ms-K8500-01.jpg

プロテインダイエットバーは、低炭水化物、低カロリーの大変美味しいプロテインバーです。
味は2種類(ピーナッツバター、トーストココナッツ)、携帯にも便利です。
いつも1本、バッグの中にご用意ください。製品1本中にプロテインが約20g配合されています。
米国Optimum Nutrition社製

【おすすめ】  プロテインダイエットバー 

ジュニア選手と栄養

320 K2201.jpg

成長期のジュニアアスリートには、たくさんの栄養素が必要です。
厳しいトレーニングを行うジュニアアスリートは、発育のための栄養に加えて、パフォー
マンスアップのための栄養摂取も欠かせません。
エネルギーとなる糖質、体の材料となるたんぱく質、コンディションを整えるビタミン・
ミネラルなど、すべての栄養素がバランスよく摂取できる必要があります。
食事だけでの摂取が難しければ、間食としてプロテインはおすすめです。
筋肉がつくと背が伸びなくなるのでは、との心配をされる方もいますが、プロテインで背
が伸びなくなることはありません。
プロテインに含まれるたんぱく質やカルシウムなどは、カラダの成長に必要な栄養素です。
Kentaiボーイズプロテインは、骨をつくるカルシウムなどジュニアスリートに必要な栄養
素を考えた配合になっています。

【おすすめ】  ボーイズプロティン

ホエイとは?

 

 

120419.jpg乳由来たんぱく質のホエイは筋力アップに欠かせないBCAAの含有量が約25%と高く、
トレーニング後の筋肉のリカバリーに有効に利用されます。
そのため、アスリートの筋力トレーニングにはおすすめのプロテインです。
ホエイは牛乳に含まれるたんぱく質ですが、1リットル中に含まれる量は6g程度です。
30gのホエイを牛乳から摂取するには、5リットルも飲まなければなりません。
効率よくホエイを補給するにはホエイプロテインがおすすめです。

【おすすめ】 バイオアクティブホエイプロテイン 

プロテインは水、牛乳?

 

megawhey.jpg水、牛乳、それぞれに特徴があるので、飲む目的やタイミングでの使い分けがおすすめです。

水には、脂質や糖質が含まれないので、体脂肪が気になる場合や減量中はおすすめです。
また、吸収スピードに影響する成分が含まれないため、運動後などは水で飲む場合が多いです。

一方、牛乳で飲む場合は、カルシウムなどの微量栄養素を一緒に取ることができます。
また、風味との相性も良いので、おいしくプロテインを飲むことができます。
吸収スピードへの影響を考えると、間食や就寝前などは牛乳がおすすめです。

もちろん、味の付いていないプレーンタイプのプロテインは、フルーツジュースなどで飲んでも
大丈夫です。
プロテインはお好みの冷たい飲み物でご利用ください。

【おすすめ】  メガバリューホエイプロテイン

プロテインの目安量

120417.jpg

健康な生活を送るために必要な成人のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.8~1.2gといわれて
います。
つまり体重が60kgの場合、48~72gが必要となります。
ただし、カラダづくりに取り組むアスリートはたんぱく質を多く摂取する必要があるため、体重1kg
当たり2g程度が目安となります。
食事からこの量を摂取しようとすると、余分な脂肪も一緒に摂ってしまいます。
必要なたんぱく質を効率よく摂取するには、脂肪や糖質が少ないプロテインが便利です。

【おすすめ】 100%CFMホエイプロテイン フレッシュアップル 

プロテインを美味しく飲むために

120416.jpg

プロテインを飲むときは、プロテインシェーカーをおすすめします。
プロテインは水や牛乳、ジュースなどに溶かして飲むことを前提にしています。
上手に溶かすポイントは、先に飲み物を入れてから、プロテインを入れることです。
粉を先に入れてから、飲み物を入れると容器の底で粉が固まりやすくなります。
また、プロテインは飲む直前に溶かし、溶かしたらなるべくすぐに飲むようにしてください。

【おすすめ】  100%CFMホエイプロテイン

クエン酸ドリンク

K7103 .jpg

Kentaiのクエン酸ドリンクは、「クエン酸」、「パラチノース」、「CoQ10」の三つの力で、
運動時の脂肪燃焼と運動後のコンディションをサポートします。
様々なシーンでご利用いただける、さっぱりとしたレモン風味の「クエン酸」飲料です。

【おすすめ】 クエン酸ドリンク

クレアチンピルベイトターボ

crepyr.jpg 

クレアチン・ピルベイトはクレアチンとピルビン酸が結合したもので、クレアチン・モノハイドレイト
に比べて水溶性が+321%(クレアチン量換算で+188%)と大きく上回っています。
また、生体利用性(栄養素が生体に利用され得る割合)の研究では体内への平均ピーク濃度が
モノハイドレート比で+28%アップと著しい上昇を示しています。
クレアチン・ピルベイトは、アスリートにとって、より体感しやすいクレアチンです。
瞬発力、パワーが求められる競技におすすめです。

【おすすめ】 クレアチンピルベイトターボ