Kentai BLOG

BCAAシトルリンプラス

320-K5503 .jpg

BCAA(L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン)は、筋肉を構成するアミノ酸のうち35%を占め、
運動時には筋肉のエネルギー源として利用されるため、強度の高い運動を行うアスリートに
とっては特に重要なアミノ酸といわれています。
BCAAシトルリンプラスは、BCAAのゴールデン比率1:2:1のバランスを維持し、さらにトレー
ニングのクオリティーを高めるL-アルギニン、L-シトルリンを配合しました。
ハードトレーニング時のアミノ酸補給、筋肉のリカバリーサポートにご利用ください。


【おすすめ】 BCAA シトルリン プラス 7.5g×20包

バイオアクティブホエイプロテイン

ba-K0218.jpg

バイオアクティブホエイプロテインはPS(フォスファチジルセリン)やPC(ホスファチジルコリン)、L-オル
ニチンなどの生理活性物質と呼ばれる成分が豊富に含有されたホエイプロテインです。
なかでも、PSはトレーニング後に分泌されるコルチゾールと呼ばれるストレスホルモンの抑制に働き
ます。
運動後のリカバリーにかかる時間を短縮できるため、トレーニングによるパフォーマンスアップをより速
く体感できます。
特に、ハードなトレーニングを行う方や、ベテランアスリートにおすすめです。

【おすすめ】 バイオアクティブホエイプロテイン

CFMホエイプロテイン

320-K0200.jpg

現在、アスリート向けプロテインの主流となっているのが、牛乳由来のホエイプロテインです。
ホエイは筋肉の発達に欠かせないBCAAなどの必須アミノ酸を多く含むため、筋力トレーニング
には理想的はたんぱく源といわれています。
このホエイたんぱくを最高レベルの精度で抽出する製法がCFM製法です。
CFM製法のホエイは余分な脂質や糖質はもちろん変性したたんぱく質まで特殊なフィルターで
取り除きます。
つまり、他の製法と同レベルの含有率でも、CFM製法のホエイたんぱくはレベルが違います。
スポーツサプリメントのパイオニアKentaiはアスリートのパフォーマンス向上のため、プロテインの
素材のみならず、その製法にもこだわります。

【おすすめ】  100%CFMホエイプロテイン 

CFM製法

cfm02.jpgホエイプロテインの精製方法には膜処理法とイオン交換法があり、それぞれに特徴があります。
CFM製法とは高度な技術のセラミックフィルターでホエイたんぱくを精製する製法です。
膜処理法とイオン交換法それぞれの長所を活かした製法のため、デリケートなホエイたんぱくには
とても適した製法と考えられています。

【おすすめ】  100%CFMホエイプロテイン 

ホエイプロテイン

320-03.jpg乳由来のホエイたんぱくには筋力アップに欠かせないBCAAが約25%含まれています。
トレーニング後の筋肉のリカバリーに有効に利用されるため、アスリートにおすすめです。
ホエイは牛乳に含まれるたんぱく質ですが、1リットル中に含まれる量は6g程度です。
30gのホエイを牛乳から摂取するには、5リットルも飲まなければなりません。
効率よくホエイを補給するにはホエイプロテインがおすすめです。

【おすすめ】  メガバリューホエイプロテイン

メガバリュー100% ホエイプロテイン

 

megawhey3.jpg

大容量でありながら、ホエイタンパク質のみを83%(無水物換算値 プレーンタイプ)含有した
kentaiメガシリーズプロテインです。
大きな筋肉をつけたい方やがっちりした体づくりを目指している方に重要な働きをするBCAAを1袋当
たり585g(プレーンタイプ)含んでいます。
さらに運動によって失われやすいビタミン11種・カルシウム・マグネシウム・鉄を配合し、アスリートの
カラダづくりをサポートします。

【おすすめ】  メガバリューホエイプロテイン

SPORTEC2011

320-121601.jpg

日本最大級のフィットネス・トレーニング・健康スポーツに関する総合展示会「SPORTEC2011」が
本日より開催されます。
Kentaiもブースを出展しています。
プロテインの試飲もできますので、ぜひ、ご来場下さい。

会期: 2011年12月16日(金)~18日(日) 10:00~18:00 ※18日(日)は17:00まで
会場: 東京ビッグサイト 西ホール(〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1)

合戸選手セミナー

320-111214.jpg
ボディビルダー合戸孝二選手がフィットネスショップ阪急イングス店に来場!!
サプリメントやトレーニングの悩みにその場でお答えします!!
参加者には合戸選手とのサイン会や記念撮影会もございます。
皆様のご参加をお待ちしております。

*写真撮影は、Kentaiサプリメント4,500円以上(税込)お買い上げで、
カメラご持参のお客様に限ります。

場所 阪急百貨店イングス館 トレーニング用品コーナー
日時 2012年1月15日(日) 13:00~16:00
問合せ TEL:06-6361-1381(代表)内線6448
参加費無料

健康と長寿を約束する食事法「脳卒中にならない食事法」③

  • カテゴリ:健康
  • 2011.12.14

■この食事法が脳卒中を防ぐ

以上の説明で判るように、まず、対策が考えられるのは、アテローム型脳梗塞です。
原因が高いコレステロールや高血圧にあることから、前回に述べた心臓病を防ぐ食事法と
まったく共通した食事法が重要になります。
すなわち、

①肉食を少なくし、植物性タンパクを重視する。
②サバ、イワシ、アジなどの魚、イカ、タコ、カキ、ホタテなどを多く食べる。
③野菜・果物・海藻類・きのこ類の重視。
④血圧低下のために塩分を減らす努力。
⑤外食やコンビニの食事は油物と塩分の両方が多いので、なるべく家庭で食べる。
⑥アルコール、タバコ、コーヒーはほどほどに。

などの注意は、脳卒中にピッタリあてはまります。ただし、いくつか追加したい項目もあります。
病院の血液検査で「コレステロール値正常、とくに善玉コレステロールが多い。中性脂肪も正常。
血圧も正常」といわれているのにもかかわらず、手足のしびれやめまいを起こし、CTやMRIで
精密検査を受けたところ、「1ヶ月ほど前に脳梗塞を起こしていた」と宣告された実例があるから
です。

⑦血流促進のために、納豆や青ジソ、タマネギ、トマトなどの愛用。
⑧甘い和菓子や洋菓子を少なめにする。
⑨ビタミンB12の多いレバーをとる。
⑩サプリメントとしてマルチビタミン&ミネラルを毎日欠かさず摂取する。

野沢秀雄 Kentaiニュース197号(2011年11月発行)より転載

健康と長寿を約束する食事法「脳卒中にならない食事法」②

  • カテゴリ:健康
  • 2011.12.13

■脳卒中にも3種類ある

 脳は人体を正常に動かすコンピューターの働きをしています。
呼吸で得られる酸素、栄養で得られるブドウ糖の多くを脳が消費しています。
ぎっちり詰まった細胞の間を微細な血管が網の目にように走行しています。
 何らかの原因で毛細血管が詰まったり、出血したりすると、そこから先の細胞群に酸素や
栄養素が届かず、たちまち死滅して正常な指令を出せなくなります。

 原因別に次の3タイプに分類されています。
A・血管が詰まって血液が流れなくなる脳梗塞。
この中でもっとも多いのは、脳内の比較的太い動脈の内側にコレステロールなどがくっついて
ドロドロしたコブができ、そこに血小板などが集まって血栓を作るアテローム型脳梗塞です
(脳梗塞の約8割)。
また、心臓病のために出来た血栓が血流に乗って脳内の血管を詰まらせるケースもしばしば
あります。

B・脳内の毛細血管が弱くなって、高い血圧などに耐えられず、出血して血流を止める脳出血。
タンパク質の多い食事のお陰で血管壁が強くなり、このタイプは低減しています。

C・脳の周囲にある膜(クモ膜)の内側から突然に出血する「クモ膜下出血」。
若い人に多く、ひどい頭痛が特徴です。(③へ続く)

野沢秀雄 Kentaiニュース197号(2011年11月発行)より転載