Kentai BLOG

トレーニングと食事の適切なタイミングは? ①

 丁度1年前、「食事が筋肉のタンパク質合成を促す」と題して、筋肉づくりにおける食事の重要性
を解説しました。
食事による栄養摂取、特に糖質とロイシンが筋肉でのタンパク質合成を促すことから、たとえ減
量時でも、食事の回数を減らさないようにすることが重要であるという内容でした。
次に問題となるのは、運動と食事のタイミングをどのようにとると、筋量の増加や体脂肪の減量
により効果的かということでしょう。
今回は、この点についての最近の研究をご紹介します。

減量のための食事のタイミング
 昨年の「ためしてガッテン」という番組で、ダイエットのためには食事前に運動をした方が効果的
なことが紹介されたかと思います。
モニターさんを2グループに分け、一方には昼食の前に有酸素運動を、他方にはその逆をやって
もらったところ、食事の前に運動を行ったグループの方で減量効果が高かったというような内容で
した。
研究者としての視点でみれば、必ずしも有意な差を示しているようには思えませんでしたが、こ
の企画は、次のようなYoshikawaら(2009)の研究に基づいています。
彼らは、運動習慣のない肥満者と非肥満者を対象とし、朝9時に朝食、12時に昼食という食事ス
ケジュールの中で、10時〜11時に1時間の有酸素運動(最大酸素摂取量の50%強度の自転車
漕ぎ)を行わせた場合の、昼食の食事量に及ぼす影響を調べました。
その結果、肥満者、非肥満者のいずれにおいても、運動を行った場合の方が有意に(平均で
20%程度)、昼食でのエネルギー摂取量が減少しました。
同様の効果は、強い運動を短時間(75%最大酸素摂取量で30分)行った場合にも見られました。
一方、運動と食事の間隔を2時間にしてしまうと効果はありませんでした。 (②へ続く)

石井直方 東京大学大学院教授 理学博士

Kentaiニュース195号(2011年4月発行)より転載

CoQ10アスタキサンチン+

320-K4407 n .jpgCoQ10アスタキサンチン+がリニューアルしました。

CoQ10アスタキサンチン+は、元気をサポートする成分CoQ10に、サケやエビなどの魚介類に
含まれる抗酸化素材のアスタキサンチンをプラスしました。
1日に必要なCoQ10を食品だけでとるのは難しいため、サプリメントでの補給が効果的です。
運動時の疲労回復、持久力のサポートにもおすすめです。

【おすすめ】 CoQ10アスタキサンチン+

ダイエットスーパーシェイプ

320-K4405  n .jpg

ダイエットスーパーシェイプのパッケージがリニューアルしました。

ダイエットスーパーシェイプに含まれる共役リノール酸には、脂肪燃焼を助ける働きがあります。
細胞内にはHSLという体脂肪を燃焼しやすい脂肪酸に分解する酵素があります。
共役リノール酸はこのHSLの放出を促進することで、体脂肪の燃焼をサポートします。
筋肉を付けながらダイエットしたいアスリートに共役リノール酸はおすすめのサプリメントです。

【おすすめ】 ダイエットスーパーシェイプ 

スーパージョイントMSMプラス

320-K4403 n .jpgスーパージョイントMSMプラスのパッケージがリニューアルしました。

スーパージョイントMSMプラスは、コラーゲン生成に重要なMSMを配合したサプリメントです。
MSMは痛みや炎症などの関節コンディションへの働きが期待されている注目の栄養素です。
激しいトレーニングでカラダに負担をかけているアスリートや、毎日ハツラツと過ごしたい方、関節の
状態が気になる方には「MSMプラス」をおすすめします。
カプセルタイプのため、初めての方でも飲みやすくなっています。

【おすすめ】 スーパージョイントMSMプラス

スーパージョイントヒアルロン酸プラス

320-K4406  n .jpgスーパージョイントヒアルロン酸プラスのパッケージがリニューアルしました。

 スーパージョイントは、関節組織を形成する重要な栄養素の「グルコサミン」、「コンドロイチン」
「コラーゲン」を配合したサプリメントです。
「スーパージョイントヒアルロン酸プラス」は、これらの栄養素に加えて「ヒアルロン酸」を配合して
います。
保湿力の強い成分として知られているヒアルロン酸は関節のコンディションづくりにも大変役立つ
成分です。
スムーズな毎日の保護、コンディション維持におすすめします。
タブレットタイプで経済的なため、日常のメンテナンスにおすすめです。

【おすすめ】 スーパージョイントヒアルロン酸プラス

メガパワー スタミナACE

320-K4404 n .jpgメガパワー スタミナACEのパッケージがリニューアルしました。

ビタミンE(トコフェロール)は、広く細胞膜に存在し、ミクロレベルでカラダづくりをサポートしています。
激しいトレーニングを行い、過剰にボディーストレスを受けているアスリートにとっては、非常に重要
な栄養素です。
メガパワースタミナACEは、d-α-トコフェロールをベースにパーム油由来のビタミンEファミリーの
トコトリ工ノールを含み、さらにエネルギーづくりをサポートするコエンザイムQ10、ヘム鉄を配合。
トータルでアスリートのカラダづくり、パフォーマンスアップをサポートします。
また、日々の健康維持を考えるかたにもおすすめします。

【おすすめ】 メガパワースタミナACE

メガパワー マルチビタミン&ミネラル

320-K4400 n .jpgメガパワー マルチビタミン&ミネラルのパッケージがリニューアルしました。

健康づくりのために、適切なビタミンとミネラルの補給は大切です。
また、アスリートのコンディション維持にも重要な働きをします。
筋肉の収縮に関与するカルシウムやマグネシウム、丈夫な骨のために欠かせないカルシウム、
貧血予防のための鉄など、パフォーマンスのためにもしっかりビタミン・ミネラルを補給しましょう。

【おすすめ】 メガパワー マルチビタミン&ミネラル

健康と長寿を約束する食事法 「ガンにならない食事法」③

  • カテゴリ:健康
  • 2011.05.20

■この食事法でガンから逃れよう
 前回、「大豆、しょうが、にんにく、にんじん、キャベツ、セロリ、みかん、レモン、グレープフルー
ツ、オレンジ、ユズ、トマト、ナス、ピーマン、たまねぎ、ブロッコリー、菜っ葉類などがガン予防によ
い」と紹介しました。
また、ポリフェノールの多いプルーン、レーズン、ブルーベリー、さくらんぼ、いちご、ぶどうなどの
グループ、ヨーグルト、海藻類、キノコ類、玄米、胚芽米、イモ類、豆類、はちみつ、納豆、味噌など
も効果があることを紹介しています。
 今回はゴマ、ワサビ、辛子、唐辛子、漬物、パセリなどの香草類、魚介類なども追加しておきます。
 なお、本年1月にNHK「ためしてガッテン」で緑茶、とくに深蒸し茶を愛飲している静岡県掛川市
にガン患者が目立って少ないことが放送され、注目を浴びています。
普通のお茶でもすり鉢で細かくして飲めばガンを予防することが期待できます。
 逆に、塩分や動物性脂肪を少なくすることも大切です。酸化防止剤、保存料、着色などの食品
添加物も最小限にしたいものです。
食べ過ぎ、飲みすぎ、喫煙、睡眠不足などは避ける方が賢明ですね。
ケンカやトラブルもやめましょう。

野沢秀雄 Kentaiニュース195号(2011年4月発行)より転載

健康と長寿を約束する食事法 「ガンにならない食事法」②

  • カテゴリ:健康
  • 2011.05.19

■運動だけが確実にガンを予防する
 やっかいなことに、ガン細胞は全身あらゆる場所に発生します。
内臓ばかりでなく、骨や皮膚、脳や血液にも発生するのです。
 「どのような生活をすればガンにならいか」というテーマで多くの研究結果が発表されています。
国立がんセンター、米国ハーバード大学などで疫学調査を続けられた東北大学の坪野吉孝教授
は「明確にガンを予防するのは適度な運動だけ」と報告されています。
 単に歩いたり、走ったりするだけでも良いのですが、理想はやや強めの筋力トレーニングです。
したがって現在ハードに筋トレをしている方々も、今後60才以上になってもムリのない筋トレを継
続することがお勧めです。
 筋トレをすることは血液循環を良くし、体温を上げ、免疫力を高めます。ガン細胞の発生や増殖
を防ぐ効果があることはよく理解できます。
 食事の面で一時「アガリクス、メシマコブ、フコイダン、霊芝、サメ軟骨などがガンの予防や治療
に効果がある」といわれましたが、現在の医学ではまったく承認されていません。
 また、「食物繊維をしっかり食べれば大腸ガンにならない」ともいわれましたが、大規模な疫学調
査で否定されています。
 とはいえ、食品に含まれる超微量な化学物質、フィトケミカルの持つ健康効果を無視しては
もったいないのです。

野沢秀雄 Kentaiニュース195号(2011年4月発行)より転載

健康と長寿を約束する食事法 「ガンにならない食事法」①

  • カテゴリ:健康
  • 2011.05.18

■ガンを無くしたら寿命は4年延びる
 ガンは日本人の死亡原因の第1位です。
3人に1人がガンで亡くなっています。
「ガン治療法が進歩し、ガンで死ななくなったら、平均寿命は男性が4年延びて84才、女性は3年
延びて89才になる」といわれます。
 ガンはある日突然に自分の体を作っている一つの細胞が変化し、今までの正常な遺伝子から
凶暴な増殖力を持つ異常な遺伝子ができ、それがいくつもの段階を経て、悪性のガンと判定され
るまで大きくなります。
 医療機関で発見される約10ミリのガンになるまで20年以上かかるそうです。
 逆にいえば、私たちの体内で時々刻々とガン細胞が発生し、ビタミンA,C、E,ポリフェノール類
などのフィトケミカルによって時々刻々とガン細胞が消滅しているわけです。
 このバランスがストレスなどで変化し、ガン細胞の増殖力が消滅される量を上回ると、ガン組織
が次第に大きくなって「ガン」という病名になるのです。

野沢秀雄 Kentaiニュース195号(2011年4月発行)より転載

HMBの使い方

20101022.jpg ロイシンから合成されるHMBには、細胞内での筋たんぱく質合成を制御する働きがあります。
筋肉中ではたんぱくの分解と合成が行われており、激しい運動では分解に傾きます。
HMBは筋たんぱく質の合成を活性化し、分解を抑制します。
つまり、HMBは筋肉合成の制御因子として働きます。
HMBの作用を考えると、1日1.5g-3gを目安に、トレーニング前後や就寝前などの利用がおすす
めです。
HMBはもともと体内にある物質であり、米国ではすでにメジャーサプリメントとして安全性の面で
も認知されています。
HMBは筋肉の合成をサポートするため、同時に筋肉の材料となるアミノ酸の補給を行うことは、
理にかなった利用法とも考えられます。

【おすすめ】 EAA+HMB

HMBとは

20101022.jpgHMBは、正式名称をβ-Hydroxy-β-MethylButyrate(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)といい、筋肉の分解
を防ぐと同時に筋肉の合成を増やす作用が期待できるため、ボディビルダーを中心に愛用者が増え
ています。
このHMBは体内でBCAAのひとつである「ロイシン」から合成されます。
ロイシンはまずKIC(α-ケトイソカプロン酸)という物質になり、さらにイソバレリル-CoAになりま
すが、KICの一部がHMBに変換されます。
HMBには筋肉を分解するユビキチン-プロテアソームシステムという経路をブロックすることで筋
肉の分解を抑え、合成を行うmTORというシグナル伝達の制御に働くことでトレーニングをサポー
トする働きがあると考えられています。
HMBはロイシンを摂取することにより体内で合成されますが、1gを体内で合成するには、約20g
のロイシンが必要となります。
そのため、HMBの補給にはサプリメントでの摂取が効果的といえます。

【おすすめ】 EAA+HMB

グルタミンAC-11プラス

20110120 .jpg

「グルタミンAC-11プラス」は、体内の遊離アミノ酸の約半分を占めるグルタミンに、リペア素材の
AC-11(エーシーイレブン)を配合したサプリメントです。
トレーニングや運動によって筋肉が激しく使われると、筋肉中のグルタミンが血液中に放出され、
筋肉がダメージを受けてしまいます。
カラダづくりを効率よく行うためには、筋肉を増やしながら、減らさないことが大切です。
グルタミンが不足した状態では筋肉が失われやすくなるため、効率的な超回復には十分な量のグル
タミンが不可欠です。
密度の高いトレーニングを目指すなら「BCAAシトルリンプラス」、効率的な超回復を目指すなら「グル
タミンAC-11プラス」をおすすめします。

【おすすめ】 グルタミンAC-11プラス 

バイオアクティブホエイに含まれる成分

イメージ02.jpg「VPF製法」で作られたホエイには、牛乳由来の有効成分を豊富に含まれます。
超回復の制御に関わる「PS(ホスファチジルセリン)」、「PC(ホスファチジルコリン)」は、細胞を構成
する大切な成分です。
「PS」、「PC」とは細胞膜に存在する重要な成分です。
細胞膜の働きには、物質の輸送、情報伝達、バリア機能、細胞外の状態を感知するセンサーなどの
機能があり、細胞膜は多機能インターフェースといえます。
オルニチンは、成長ホルモンの分泌、免疫力、肝機能のサポートなどの働きが知られており、トレーニ
ング後のたんぱく質合成の促進が期待されます。
バイオアクティブホエイプロテインは、牛乳に含まれる微量成分「PS」、「PC」と回復系アミノ酸「オル
ニチン」で、限界までトレーニングを行うアスリートをサポートするホエイプロテインです。

【おすすめ】 バイオアクティブホエイプロテイン

バイオアクティブホエイのVPF製法

新製法によるホエイプロテイン
「Variable Pressure Filtration製法」(変圧ろ過膜製法)は、バイオアクティブホエイプロテインに
採用されている製法です。
適度な圧力で有用成分を高いレベルで精製するため、PS(ホスファチジルセリン)、PC(ホスファ
チジルコリン)が多く得られます。
さらに回復系アミノ酸のオルニチンを配合することで、レーニング後の筋肥大をサポートします。

イメージ01.JPG

【おすすめ】 バイオアクティブホエイプロテイン

バイオアクティブホエイプロテイン

超回復を考えたホエイプロテイン
継続的なパフォーマンスアップを目指すアスリートにとって、限界まで鍛えるトレーニングは避け
て通ることは出来ません。
しかし、ベストの状態を保つためには、トレーニング後のカラダを十分に回復させてあげることも
同じくらい重要になります。
超回復の波に上手く乗ることが出来れば、効率的にトレーニングを行うことが出来ます。
そのためには、トレーニング後の回復力もパフォーマンスアップのための鍵になります。

イメージ03.jpg
回復力に新しいアプローチ
ホエイプロテインが広く利用されるようになり、味や価格などのバリエーションが広がってきました。
中でも、トップを目指すアスリートが選ぶべきプロテインは内容成分にこだわったプロテインです。
トレーニング効果を最大限に活かすための品質、そしてパフォーマンスを底上げするプラス成分の
差が、トレーニング後のカラダに影響します。
生まれたばかりの子牛にとっての唯一の栄養源となる牛乳には、成長に必要な栄養素(生理活
性物質)が豊富に含まれています。
この成分をヒントに開発されたのが「バイオアクティブホエイプロテイン」です。

320K0218 .jpg

【おすすめ】 バイオアクティブホエイプロテイン

塩サプリ

320-K9502 .jpg 炎天下や高温環境下では、集中力が低下しトレーニングの質が落ちるばかりでなく、体内から
大量に発生する熱で体力を消耗し、カラダのバランスを崩しがちです。
塩サプリは、適度な塩分と糖質の補給により、過酷な環境下でのトレーニングとコンディションを
サポートします。

【おすすめ】 塩サプリ

カルニチンGP

20100917.JPG 体脂肪を燃やすには、脂肪を分解し、細胞内にある燃焼炉「ミトコンドリア」で、エネルギーとして
消費する必要があります。
運動によって脂肪は分解されますが、そのままではミトコンドリアへは入れません。
分解された脂肪をミトコンドリアへ運ぶ役割を担っているのがカルニチンです。
カルニチンが不足すると運動をしても効率的に脂肪を燃やすことができません。

新素材・グロビンペプチド(GP)
グロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)は、内臓脂肪の蓄積を予防し、メタボリックシンドロームの
予防、改善が期待できるものとして注目を集めています。
グロビンペプチドの特徴として、「中性脂肪」「血糖値」「血圧」に関連する働きが知られており、ダ
イエットへのサポートが期待されます。
カルニチンとグロビンペプチドの組み合わせは、余分な脂肪を運動で積極的に燃焼し、リバウン
ドしにくいカラダづくりを目指す方におすすめです。

【おすすめ】 カルニチンGP